代理店とは、商取引などの委託を受けて代理で企業・会社が取引を行うことです。

そのメリットとしては、大手企業の営業における人件費削減のためであることが挙げられます。中小企業の営業コストは大手企業に比べると安く委託する企業は多いです。

次に採算の取れない地方エリアに委託することによって、直営することなく営業エリアの開拓が可能となり、新規顧客の確保につながります。

そして、在庫物流機能の効率化が最も大きなメリットであると言えます。大手企業から消費者への物流はコストもかかる上に時間も必要とするため非常に非効率と言えます。これを代理店に委託することによって、在庫を預けることが可能となり、物流の効率化が図ることができます。また、在庫を預けるに際し、保証金を取るケースが多いため営業不振による共倒れのリスクも低くなったと言えます。

こういった、代理委託を受ける中小企業・会社には、強い営業力がない場合が多いため、大企業との取引によってブランド力を高めることができるという双方にとってもメリットがあります。

PAGETOP
Copyright © 代理店のメリット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.